思わぬ原因

日焼け

高校生のころに運動部に所属していたため日焼けするのが当たり前で、本当に真っ黒に焼けていました。

しかし、世の中はすでに美白ブームで、色が黒い女性なんてサーフィンをやっているような人くらいしかみかけないような状態でした。

高校入学当初は日焼けなんて当たり前という感覚すらあったのですが、だんだん友達もメイクなどが上手になって、美白ケアなんかをしてきれいになっていくのをみてうらやましく感じていました。

さすがに健康的な肌なんて言われてもうれしくなくなってきて、UVケアをしようと思い始めました。

ただ、あんまりお金をもっていなかったので、メイクにも使えて一石二鳥だと思って、まずは試しに日焼け止めの成分の入った安いファンデーションを購入してみました。

どうやらこれが私の肌には全く合わず、ほっぺたが真っ赤に見えるほどのニキビができるようになりました。

運動部であったため、普段からそれほどメイクをしないのに、いきなりカバー力のあるファンデーションを使ったのも原因かもしれません。


必要な水分を補うことが大切

水分を補う

これじゃ日焼けを防げて意味がないので、それからは普通の日焼止めだけを使うようにしつつ、ニキビ専用の洗顔や化粧水を使ってきました。

そのときは、すぐに原因と思われるファンデーションを使うのをやめたためか、1ヶ月くらいでニキビは治っていきました。

しかし、それからニキビ跡の赤みが全然消えずに、結局1年くらい残り続けていました。

もうそのときは、ほとんど諦めかけていたのですが、肌の状態は「保湿」で決まるということを知り、早速保湿を気にかけるようにしました。

これまではニキビを気にして化粧品は「さっぱり系」を選んでいたけれど、「しっとり系」に変更しました。

結構勘違いしている人が多いと思うんですけど、ニキビは一般的に皮脂による疾患なのでしっとりとさせてしまうと悪化するような気がするのですが、基本的には潤っている状態である肌が健康であって、乾燥させてしまうとより皮脂が多くなってしまうのです。

しっとり系の化粧水や乳液でスキンケアをするようになって、少しずつ肌に変化がありました。

まず、繰り返しできていたニキビが全然できなくなったのです。

おそらく私は皮脂によってニキビができると思っていたので、さっぱり系のコスメを選んでいたのですが、実は乾燥によって皮脂たくさんでてしまっていたのではないかと思います。

そのため、保湿力の高いコスメを使ったところ、ニキビができにくくなり、結果としてニキビ跡も改善していったのだと思います。

この経験から、ニキビ跡を治すためには新たに跡を作らないようにニキビを防ぐためのスキンケアをしっかりとやること、そして、肌は潤いを保つことによって新陳代謝やターンオーバーが正常になるため、オイリー肌でもしっかりと水分を補給する必要があるということがわかりました。

(もちろん栄養なども大切です ターンオーバーに必要なタンパク質を摂ろう

今繰り返しできてしまうニキビに悩んでいる方は、皮脂を抑えたい余りに水分の補給を怠っていませんか?

是非、まずはしっかりと潤いのある肌にして正常な状態にリセットしてあげるということをやってみて下さい。


(HOME)  ニキビ跡を最短で消す方法

メニュー

ページのトップへ戻る