潰してもいいものもある?

ニキビを潰すと跡になるというのはティーン紙から大人向けの美容雑誌にも書かれている常識ですね。

ですが、ついつい気になって潰してしまう私がたどり着いた答えは潰しても跡にならないものもある!ということです。

まずニキビといってもいくつかの段階があって、それぞれに違いがあります。

簡単な分け方は、炎症が起きているかどうかで分けるとわかりやすいと思います。

炎症がまだ起きていない状態のものは、ただ単に白くなった膿がでているもので白ニキビと言われていますね。

さらにこの白い膿が空気に触れて酸化した結果、黒っぽくなるものもあり、さらに炎症が起きてしまって赤くなっているものもあります。

跡を残さないために気を付けること

まず跡になる、絶対に潰してはいけないのが最後の炎症が起きてしまったニキビで、いわゆる赤ニキビと呼ばれるものです。

膿んでいたり、熱を持っていたり、痛みがあるニキビで、これは潰したらクレーター状になる一番いじっちゃいけないやつです。

それほどひどくないものは、炎症によるダメージが肌の浅い部分にまでしか達していないので、肌のターンオーバーによって生まれ変わることが出来ます。

しかし、潰したりして刺激を与えることによって炎症を悪化させてしまい、結果として肌の深い部分にまで傷をつけてしまうことになってしまうのです。

ただ、赤ニキビの酷いものは潰さなくても跡になるので、小さいうちに薬を塗るなり対策して、ダメージを少なくすることが大事です。

続いて毛穴に皮脂などが溜まってしまった白ニキビ、これは潰そうとしてすんなり皮脂や芯がでれば跡にならず問題ありません。

ですが潰そうとして力を入れても中身が出ない場合はすぐやめたほうがいいです。

無理して潰そうとすると高確率で赤ニキビになります。

見分けかたとしては問題ない白ニキビは出口になる毛穴が少し目立ちます。

最後に角栓がつまった黒ニキビですが、これはほぼほぼ跡にはならないです。

私がやっている方法を参考として(基本的に潰しちゃダメですよ!)紹介しておきます。

使用するのは消毒液、毛抜き、以上2点を用意します。

もちろんばい菌対策のため、手はせっけんでキレイに洗ってください。そして顔も丁寧に洗顔してからにしましょうね。

まず毛抜きを消毒液でキレイにします。これ大事な作業なので怠らないように。

次にニキビの中心部を毛抜きで集めるようにギュッと寄せていきます。

ここで白いニュっとしたものがでればベスト。芯がもう少し奥にありますので、皮膚を傷つけないようにそっと毛抜きで取り出します。

そしてティッシュなどに消毒液を含ませてニキビ周辺を消毒します。その後はしばらく放置。決して手でムダに触らないこと。余計悪化してしまいますので。

ちゃんと対処できていれば2日くらいで赤みも膨らみも消えていきますよ。

ただ2日程度の間だけは残ったニキビ跡をコンシーラーで部分的に隠すといいでしょう。

ただ、どのニキビも同じ場所を何度も潰すと毛穴が広がったり、跡になるのでほどほどに!

しかも、自分で潰すときは爪などを立てないように最新の注意が必要で、ちょっと間違うと悪化させてしまう心配があるので、できるだけ皮膚科にいって対処してもらいましょう。

余り知られていないのかもしれませんが、皮膚科にいけば赤ニキビになる前であれば、専用の医療器具を使って膿を取り出してくれます。

保険も適用なので、自分で潰して後で高額なレーザー治療やフォトフェイシャルなどをするよりはよっぽどお得だと思うので、できる限り皮膚科にいくことをおすすめします。

(HOME)  ニキビ跡を最短で消す方法

メニュー

ページのトップへ戻る