ピーリングが効果的!

私は就職したての20代の頃、仕事で不規則な生活が続いたことが原因で顔にニキビが大量にできてしまいました。

そのため、皮膚科に行って診てもらっていいたのですが、ニキビ自体が治っても跡が取れずに悩んでいました。

幸いクレーターのように凸凹とした状態になっているわけではないのですが、茶色いシミのような色素沈着がところどころにある状態で、年齢と共にそのシミが濃くなってきたような気がしていました。

シミについての対策方法を色々と調べてみると、肌のターンオーバーが乱れているためにメラニン色素によって着色された肌細胞が排出されずに残ってしまうことが、シミが取れない原因の1つだということを知りました。

古い角質を除去して健康な肌に

ターンオーバーが乱れているときには古い角質がいつまでも残ってしまっているために、本来は肌を守る役割をする角質の力が落ちてしまって、結果として乾燥しやすくなったり、敏感肌になったりしてしまうというのです。

それに加えて、肌を守る力が落ちているために急いで新たな皮膚を作ろうとして、未熟な皮膚がどんどん作られるため、角質は厚くなるのに肝心な肌を守る力は改善されない状況になってしまうのです。

そこで自宅でのスキンケアにピーリングを取り入れてみることにしました。

ピーリングとはピーリング剤を使って古い角質を強制的に剥がすことで、お肌のターンオーバーを強制的に早めて正常な状態にするというものです。

もちろん、できることなら食事や睡眠でターンオーバーを改善するのがベストです。

ターンオーバーに必要なタンパク質を摂ってニキビ跡の改善を早める

しかし、仕事などの様々な理由で生活習慣へのテコ入れは簡単ではありませんので、無理な場合はピーリングも1つの方法だということです。

私は皮膚科で紹介されたピーリング剤を使っていました。

ピーリング剤の使用方法ですが、適量をお肌に塗りこんでいくと、ポロポロと角質がおもしろいように取れていきます。

その後必ず化粧水や乳液でお手入れしてください。角質が取れたあとのお肌はツルツルで、化粧水の浸透力も高くなったような気がします。

おそらく、古い角質は未熟なために厚くなってしまった角質が剥がれて正常な状態に戻ったため、化粧水も浸透しやすくなったのだと思います。

このお手入れを週2回ほど、数ヶ月続けてることで徐々に肌のくすみが消え、ニキビ跡も薄くなってきたように思います。

ピーリングは自宅でセルフケアできるので費用もそれほどかかりません。効果が出るまでは時間はかかりますが、根気よく続けてみてください。

また、すべてのニキビ跡に効果がある訳ではないと思いますので、皮膚科医に相談の上行うようにしてください。

(HOME)  ニキビ跡を最短で消す方法

メニュー

ページのトップへ戻る