10代のころから悩み続けた凸凹肌

中学生頃から、社会人になってもずっとニキビが治りませんでした。

そのため跡が残ってしまったのですが、原因はできた時についつい顔を触ってしまい、つぶす気がないにもかかわらず無意識のうちに刺激をしてしまっていたことだと思います。

ひどい場所だと顔が凸凹するくらいになっていしまいました。

またニキビができ続ける原因がわからなかったことも大きかったと思います。

ちゃんとしたケアをしようと思ったのは、やはり化粧をしてもニキビ跡があるだけでどこかお肌がボロボロのように見えてしまうところからでした。

当然すっぴんで外に出ることもできないですし、マシュマロ陶器肌とかかれているファンデーションをつかっても全然思っている通りの肌にならなかったので、隠すだけではなく根本的に治さないことには綺麗になれないと気づいたからです。

プロテインの摂取で内面からケア

ニキビ跡にいいといわれるクリームや化粧水など外側からのケアをずっとしていましたが、ニキビ跡が減るどころか、ニキビが収まらないという結果でした。

そのため、栄養に詳しい人から話を聞いたときにそもそも、代謝をあげることで肌のターンオーバーがしっかりできるようになればニキビ跡の肌もしっかり生まれ変わることができるのではないかといわれました。

体をつくる栄養はタンパク質なので良質な植物性のたんぱく質だけでつくられたニュートリライトのプロテインを飲むことにしました。

ニュートリライトのプロテインは100%植物性でできているというのが他社のプロテインとは違うところであり、アミノ酸スコアもバランスがよいというところが選んだ理由です食事や栄養のバランスが悪いからニキビがでるというのはよくいわれていたので、やはり食事や栄養のバランスを見直すことでニキビ跡対策になるのではないかと思ったのが理由です。

代謝アップを実感!

すぐには実感しませんでしたが、いままでお茶をのんでいたのも水に変え、しっかり飲むことにしました。

そういったことで少しずつですが代謝がよくなってきたのか半年後くらいにはニキビ跡が目立たなくなってきました。

それだけでなくニキビ自体も減ってきたのでさらにニキビ跡で悩むこともなくなってきました。

今までは化粧するのにもでこぼこを隠すのに時間がかかっていましたが、ファンデーションを薄く塗るだけでさらさらとした肌になってきました。

ずっと外からのケアだけを考えていましたが、体の中と外の両方からケアすることが大切だと今回のことで気づきました。

普段の食生活を見直すことでさらに肌の調子をよくすることができると思うのでこれからは気を付けていきたいです。

(HOME)  ニキビ跡を最短で消す方法

メニュー

ページのトップへ戻る