症状によって異なるスキンケア

ニキビは出来ているときもやっかいですが、その後もお肌のトラブルの原因になりがちです。

やっと治ったと思ったのもつかの間、今度はニキビ跡に悩まされることがとても多いです。

しかも陥没までいかない状態の赤みや色素沈着でも治るまでに何年もかかることがあったりして、より深刻な悩みになりかねません。

そんなのトラブルにどう対処したらいいか、まとめてみました。

ズバリ、ニキビ跡に必要なのはターンオーバーの改善と保湿です。

赤みの残った状態も、黒ずみも、基本はこの2つでケア出来ます(クレーターはちょっと別)。

しかし、症状によりその期間や治り方は微妙に異なります。

赤みは炎症を抑えること

まず、赤みが残ってしまうタイプのニキビ跡。

これは比較的軽度なのですが、皮膚の奥に炎症が残っている状態なので放っておくとシミに発展する可能性も。

早めに正しいケアをする必要があります。

そこでターンオーバーを促し、肌を正常な状態に戻すために保湿が重要になってきます。

そしてシミの原因であるメラニンの定着をふせぎ減らすこと。

赤みの部分が酸化して最終的にはメラニンへと変化してまうため、褐色のシミが発生するのですが酸化を抑える成分を使用することで防ぐことができます。

安全性、効果とも高いのはビタミンC誘導体成分入りの化粧水が一般的ですね。

高い抗酸化作用をもつビタミンCをしっかりと肌の奥まで浸透させ、メラニン色素の生成を抑える効果もあるので肌の酸化防止とシミ防止という両方の面でもおすすめです。

黒ずんだシミのような跡の対処

黒ずみはこの赤みのニキビ跡の炎症が悪化してシミになったものです。

炎症が悪化することで体が肌の参加を防ぐためにメラニン色素を誘発してしまっている状態です。

こうなるとなかなか手ごわいのですが、基本はやはり保湿とターンオーバーが大事。

シミになってしまっているのでやや長期戦になることも覚悟しましょう。

メラニンの生成を抑えると同時に還元させる抗酸化作用の高いビタミンC誘導体成分入りの化粧水はもちろん強い味方です。

その他にも4MSKやアラントインなどが配合された美白コスメも効果的だと思います。

ニキビ跡の色素沈着を早く改善するために私が使用した化粧品を紹介 

合わせてピーリングジェルなどで皮膚のターンオーバーを促して、シミそのものをできるだけ早く排出するようにすることも有効です。

ビタミンC誘導体成分入りの化粧水をもっと効果的に使用するためにも、コスメだけでなく食べ物などからもビタミンCを積極的に取り入れていくこともやった方が良いでしょう。

私は実際にお菓子をやめて、おやつをすべてフルーツに置き換えました。

なるべくビタミンCの多く含まれるフルーツを選んで、スムージーにして飲んだりそのまま食べたり。

イチゴが特にビタミンCを多く含み、手軽に食べられておすすめです。

アセロラ、レモンなど酸っぱいフルーツにビタミンCは多く含まれています。

ビタミンCには高い保湿力と抗酸化作用があり、赤みや黒ずみにも効果的なのでニキビ跡のケアには欠かせない成分です。

積極的に採り入れていきましょう。

ニキビ跡ケアにあったビタミンCの幅広い効果とおすすめの化粧水を解説

クレーターは対処できる?

さて、もっとも難しいのがクレーター状のニキビ跡ですね。

これを保湿とターンオーバーなどで治すことはできません。

芸能人であっても、結構そのまま凸凹が残ってしまっている方がいるくらいですから簡単ではないことは分かると思います。

しかしビタミンC誘導体には真皮層に浸透し、コラーゲンの生成を促す働きがあるのです。

破壊された皮膚の組織を元に戻すことはできなくても、コラーゲンで肌にハリをもたせてクレーター状のニキビ跡を目立たなくすることが出来るので、クレーターのケアにもビタミンC誘導体成分は非常に有効なのです。

ビタミンC誘導体成分がニキビ跡に有効であること、おすすめはフルーツやコラーゲンとの合わせ技。

これらを念頭にニキビ跡ケアを進めていきましょう。

(HOME)  ニキビ跡を最短で消す方法

メニュー

ページのトップへ戻る